銀行カードローン審査はぶっちゃけどこが良い?

カードローン審査はどこが良い?ということも気になりますよね。これは、借り入れの目的などに応じてどこか良い?かということは少しずつ変わってくると考えておいたほうがよいでしょう。

 

例えば、とにかく急いで借り入れする必要があるという場合は、審査のスピードが速いところが良い、ということになるでしょう。また、審査はいくら早くてもカードが届くのに時間がかかるといった場合はすぐに借り入れするのは難しくなってしまいます。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイックや三井住友銀行のカードローンなどのように、店舗などに申し込みの自動機械が設置してあるものなら、その場でカードの発行を受けATMでスムーズに借り入れできるという流れになります。

 

ネット銀行などでは、振り込みによる貸付を行っているところもあります。こういったところを利用すれば、カードなしでも審査後すぐに借り入れ可能ということになります。ネット銀行はもちろん店舗がありませんから、全体的に金利が低い傾向もあり最近では人気がますます高まっています。

 

また、審査時間がかかっても大きな金額を借り入れしたいという場合なら、限度額の設定が大きいカードローンを探す必要があるでしょう。この場合は、年収などの規定が最初から決まっていることも多くなっています。

 

審査の甘い、といったことに照準を合わせるのではなく、借り入れ後にいかに自分が使いやすいかということ(それは個人によって金利を選ぶのか、ATMの設置場所などを選ぶのかといったことが違ってきます)にポイントを合わせてカードローン審査の申し込みをするようにしたほうがよいでしょう。

どんなものがカードローン審査の必要書類?

カードローン審査では必要書類がとても少ないのが魅力といえるでしょう。お金を借り入れするときには、さまざまな書類を用意する必要がありそう、と思ってしまいますよね。実際借り入れの目的がはっきりしていなければならない目的ローンなどでは、その見積書など必要なお金を証明する書類が必要になります。

 

しかしカードローンでは、事業のための資金でなければ自由にお金を使うことができますから、特に目的がわかる書類を必要としません。また、それぞれカードローンの規定によっても50万円以下、100万円以下ならば収入証明書が必要ないといったように決まっています。つまり、借り入れ希望金額によっては、本人確認書類のみで審査を申し込むことができるという場合もあるのです。

 

この準備する書類が少なくてもよいというのは、急いでお金を借りたいときにとても助かります。もちろん収入証明書なども特別に準備が大変というわけでもありませんが、お金を早く手にしたいと焦っている状態の時にはちょっと面倒だな、と感じることも多いのではないでしょうか。

 

ただし、審査の過程によっては、さらに書類の提出を求められることもあります。また、本人確認書類も運転免許証に加えて健康保険証も提出することで、より信用が高まるケースもあります。必要書類、提出書類が少ない、と書いていても追加で提出を求められることもあるということを知っておいたほうがよいかもしれません。